« 赤城山 | トップページ | 迷惑メールに開封確認要求 »

2006/01/29

義経伝説

060129源義経が京を追われあずま道(東道)を奥州に落ち行く際、連れていた黒い大きな牛が大雨で増水した粕川(かすかわ)に流されました。翌朝気付くとそこに大きな牛の形をした岩があり、義経は「これは牛の化身、牛石(うしいし)と名付け永く弔いし候」と言ったといわれています。
私の家から西へ約4Km、北関東道伊勢崎インターのすぐ近くです。

(伊勢崎市五目牛町にて)

« 赤城山 | トップページ | 迷惑メールに開封確認要求 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義経伝説:

« 赤城山 | トップページ | 迷惑メールに開封確認要求 »