« 躑躅科編つづき | トップページ | 逆井城(茨城県坂東市) »

2006/05/23

桐生自然観察の森 ハイキングコース

060521 以前ご紹介した桐生自然観察の森のハイキングコースを歩いてきました。
このハイキングコースは、園内の西側から北側にかけていくつものコースがあり、北側のコースを登り詰めると、鳴神山-吾妻山の縦走路の西方寺沢の頭付近に合流します。今回は、その途中まで歩いてきましたが、日曜日というのに親娘連れ一組にしか会いませんでした。
 写真は、ハイキングコース途中のノスリ観察舎から見た関東平野です。画面上方の山は、左から琴平山、稲荷山、鹿田山(みどり市笠懸町)。画面下端には、公園の駐車場の愛車が写っています。

訪問日:5月21日(日)

« 躑躅科編つづき | トップページ | 逆井城(茨城県坂東市) »

コメント

平成元年に桐生自然観察の森ができてからは、毎年このころになるとヤマアカガエルの調査にでかけていました。また、5月の子供の日には、オタマジャクシ観察会にも参加したり、6月には、Tレンジャー、T先生たちと一緒にモリアオガエルの調査にも参加していました。しかし、一昨年、ふるさとの愛媛にUターンしたので、その後のことが分りません。そろそろヤマアカガエルが産卵するのでは、と気にしているこの頃です。

 ヤマアカガエルは、こんなに寒い時期に産卵するんですか。卵塊は見覚えあるのですが、産卵時期を気にした事がありませんでした。
 モリアオガエルの卵塊は、みなかみ町の古沼では見た事がありますが、ここにも生息しているんですか。
 今度見に行ってみます。

さっそくケロさんから返事が戻ってきました。
「いま、ヤマアカガエルの卵塊が二つあり、よく鳴いています」、と。
 これから2月にかけて、よく鳴きます。そっと近づかないと、すぐに鳴きやめてしまいます。気温が上がった時や、温かい日にでかけると、鳴く姿や声がきかれるかも知れませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88440/10200997

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生自然観察の森 ハイキングコース:

« 躑躅科編つづき | トップページ | 逆井城(茨城県坂東市) »