« カブトエビ | トップページ | タカサゴユリ と ナツズイセン »

2006/07/09

天幕城(伊勢崎市磯町)

060709b 「毒島城」の北東約1.5km、伊勢崎市(旧赤堀町)の磯沼の西隣にこの「天幕城」はあります。
 水掘跡に沢山の花を咲かせている蓮の花を目当てに、沢山の人が見物に来ていました。

訪問日:7月9日
060709a --- 以下案内板より転載 ---
 天幕城跡は南北400m、東西120mの自然地形を利用した城で、西側は蕨沢川が流れ、北と東側は蕨沢川の旧河道の湿地で城外と距てられている。本丸の北、西面には今も高さ4m程の土居を残している。
 本丸を中心とした部分に、腰曲輪、水の手曲輪、掘切り、矢払い等の軍事的な構造が顕著に見られる並郭城で、戦国時代の赤城南麓諸城の特徴を良く現し、かつ、その姿を留めている。
060709c 天幕城は那波氏、桐生氏の城となり、ある時は由良氏に攻撃されるなど、戦国時代の動乱期を経た後、天正18年、後北条氏滅亡と共に廃城となった。
 天幕城跡は、赤城南麓ひいては赤堀町の戦国時代を解明する上で重要な文化財であり、赤堀町の貴重な文化財として、後世に伝えるため、町指定文化財とした。 「赤堀町教育委員会」

« カブトエビ | トップページ | タカサゴユリ と ナツズイセン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天幕城(伊勢崎市磯町):

« カブトエビ | トップページ | タカサゴユリ と ナツズイセン »