« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/27

生品神社・新田義貞挙兵の地
(太田市(旧新田町))

060827b 「生品」と書いて「いくしな」と読みます。案内板によれば、元弘3年(1333年)5月8日、後醍醐天皇の綸旨(りんじ)を受けた新田義貞が、この地で鎌倉幕府(北条氏)討伐(とうばつ)の旗挙げをしたとの事。社の前の切り株は、その軍旗を掲げた木なのだそうです。
 それよりも、先日の甲子園で活躍した「ハンカチ青年」がこの辺りの出身という事のほうが、地元では話題になっています。

訪問日:8月27日

ニラの花

060827a タイトルのとおりニラの花です。
 裏の畑(近所の植木屋さんの植木畑)に咲いていました。
 アップで見ると、結構綺麗な花です。

2006/08/20

鹿田山城砦群・健岩砦(みどり市笠懸町)

060820b 以前、渡良瀬逍遥記鹿田山の事を「何の変哲も無い」などと書いたのですが、実は7つ程あるピークの幾つかが戦国時代の砦の跡だったのでした。
 今回はその一つ「健岩砦」に行ってみました。
060820c 健岩砦の東側は1枚岩のような絶壁になっていて、とても登れそうに無いのですが、反対の西側には県立の養護学校があり、その裏口の横から簡単に登れます。とはいっても、今は夏。猛烈な暑さと、ボーボーに生えた草とに阻まれ、あえなく断念。草が枯れた頃にまた訪れる事にします。この砦に関する詳細は、アオさんの北緯36度付近の中世城郭を参考にさせて頂いてください。
 因みに、上の写真の手前の畑は遅蒔きのヒマワリ畑で、お盆の1週間ほど前に種まきをして、秋には広大なヒマワリ畑が出現します。なお、下の写真の建物は笠懸町吹上地区の集会所です。

訪問日:8月20日

ジュズダマ

060820a 漢字で書くと「数珠玉」です。笠懸町(現みどり市笠懸町)の、カタクリの群生地として有名な公園の駐車場脇の水路に生えていました。イネ科とあって、花は稲に似ています。

撮影日:8月20日

2006/08/19

タカサゴユリ と ナツズイセン

060819a あちこちでタカサゴユリの花を見掛ける季節になりました。我家の花はどうかと家の裏に回ってみたところ、060819bやはり咲き始めていました。
 近くには、もう花はおしまいと思っていたナツズイセンも咲いていました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »