« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/19

ワンセグ

Oneseg2 先日家電量販店内を覗いたら、PC用のUSB接続ワンセグチューナーが1万円程で売られていたので、買ってしまいました。^_^; 早速PCに接続し、チャンネルを「自動取得」でサーチしても何の反応も無し。これは仕方ないでしょう。前橋送信所(榛名山二ツ岳)からの電波を伊勢崎市の東端から内蔵のロッドアンテナで受けるのは無理。それでは、と、ロッドアンテナを外して、外付けアンテナを取り付け窓枠のカーテンレールへアンテナをペタ。今度はOK。一応放送チャンネル一覧に載っている局は全部入りました。(但し、群馬テレビと放送大学はワンセグ放送を行っていません。)
 画像の荒さですが、元々ワンセグは携帯端末用の放送で、ワイド映像のときが 320×180ドットですから、添付画像の程度の大きさくらいで見るのが良いようです。(テレビ映像部分はPrintScreenでは取れませんでした。)
 今まで地デジについて全く興味が無かったのですが、ワンセグをきっかけに少し勉強をする事ができました。(ご存知かと思いますが、ワンセグは地デジの電波の1セグメントを利用した放送なのです。)

2006/12/03

膳城(前橋市粕川町膳)

061203a 前橋市粕川町(旧粕川村)から桐生市新里町(旧新里村)にかけては、山上城をはじめ、女渕城、中村城と、多くの戦国の城址があります。
 今回は、その中でも遺構が見事に残されている膳城へ行ってきました。この城も武田勝頼に攻められ廃城になったとの事で、中村城と運命を共にしたと思われます。061203b

訪問日:12月3日
 --- 以下案内板より転載 ---
 膳城跡は、兎川と湧水による湿潤な谷地の間の丘陵性台地の先端部に位置する。南北約550m、東西約300mほどの範囲のなかに濠や土塁をめぐらし、本丸の他、数区画からなる郭(くるわ)を形成している。
 この城の築城年代は明らかではないが、鎌倉時代の文書に既に「善」氏の名前が見える。しかし、この膳城に居城していたかは明らかではない。その後、室町時代から戦国時代にかけての文書にも「善」氏は度々登場する。061203c戦国時代には、関東地方の覇権をめぐる北条、上杉、武田の戦記物に度々「膳」の名が現れる。現在見ることのできる膳城の姿が形成されたのは、戦国時代末期と考えられる。特に天正8年(1580年)武田勝頼による東上州進攻の際の、膳城をめぐる攻城戦は「膳城素肌ぜめ」として著名である。
 膳城はこの戦いのあと、廃城となったと伝えられる。本丸周辺の濠、土塁等は当時の姿を良く残している。
          群馬県教育委員会、前橋市教育委員会

2006/12/01

「渡良瀬逍遥」が開設10周年を迎えました

050_1 最初はこんな画面から始めました。開設のきっかけは仕事だったんです。丁度そのころ、勤め先でイントラネットを立ち上げようという話がでて、立場的に社員にHPの作り方を教える事に。その勉強のためにHTMLを覚え、約150人の社員に教えました。
30000 その勢いで作り始めたのがこのHPです。その頃使ったツールはもちろん「メモ帳」でした。
 このHPの2番目の画面がこれです。この画面が最も長く使っていました。
120000 そして現在の画面がこれ。しばらくこの画面で行くと思いますが、これからも宜しくお願いします。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »