最近のトラックバック

« 榛名神社 | トップページ | 赤城山 箕輪周辺 II »

2007/08/21

榛名山 ゆうすげの道 II

070821 前回訪れてから約1ヶ月経ちました。
 今日は「ゆうすげの道」に咲く花々がどの様に変わっているかを見に行ってきました。
【コース】 ユウスゲの道入口 ⇔ 磨墨岩(するすいわ)分岐
070821a■マツムシソウ(マツムシソウ科)
 「ユウスゲ」もまだ少し咲いていましたが、沼の原は秋の気配になっていました。でも暑かった。
070821b■コオニユリ(ユリ科)
 沼の原の草原に点々と咲いています。でも、木道から外れずに写真を撮れるのは少ないです。
070821c■コウリンカ(キク科)
 沼の原の東の方。磨墨岩(するすいわ)分岐の近くに咲いていました。
070821d_2■シラヤマギク(キク科)
 時々木道沿で見られます。
 別名ムコナ(婿菜)と言うそうです。若芽は食べられるようです。
070821e■カリガネソウ(クマツヅラ科)
 漢字で雁草と書き、雁(カリ)に似ているので付いた名前だそうですが、別名のホカケソウ(帆掛草)の方が似合っているように思います。
 この花は「ゆうすげの道」と榛名湖の中間地点辺りの県道沿いに咲いていました。

訪問日:平成19年8月21日

« 榛名神社 | トップページ | 赤城山 箕輪周辺 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88440/16192618

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名山 ゆうすげの道 II:

» オススメの花の名所《ユウスゲの道》 [渡良瀬橋夕景ブログ!]
☆写真:ユウスゲ  榛名高原の『ユウスゲの道』は、木道が整備されていて、大変歩きやすく、花を楽しむことができるすばらしいところです。特に、8月中旬にはユウスゲ、9月にはマツムシソウが一面に咲きます。 【ユウスゲ】  山地の草地に生える多年草。花茎は高さ1〜1.5メートル。花は夕方から開いて翌日の午前中に閉じる。花期は7〜9月。本州、四国、九州に分布。 【アクセス】  国道17号→渋川松井田線→榛名高原→箕郷方面左折→ユウスゲの道の駐車場(右側) 【2006年】 ◆8..... [続きを読む]

« 榛名神社 | トップページ | 赤城山 箕輪周辺 II »