« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/25

里山散策道

 先週、太田市の菅塩地区から石切場2ヶ所を歩きましたが、今回はその東側の北金井地区から090419e「里山散策道」と書かれた遊歩道を一周してみました。
 スタート地点は通称「カマボコ兵舎」と呼ばれる大きなバンガロー?ですが、一回りしても同じ所に降りてきます。
【地図】
090419a 今回は、反時計回りに歩いてみたのですが、しばらく歩くと9年前に藪漕ぎで唐沢山から天王山を目指した際に見つけた石祠がありました。当時は遊歩道は無く、かろうじてあった作業道も、この場所で終わっていました。
090419b
■ヤマツツジ(山躑躅)ツツジ科
 日当りの良い場所にはヤマツツジが咲いていました。
090419c■チゴユリ(稚児百合)ユリ科
 こちらはチゴユリです。
090419d■アオダイショウ(青大将)ナミヘビ科
 おっとビックリ!! 遊歩道の真ん中で、アオダイショウが日向ぼっこをしていました。 こいつ逃げ足(足は無いのか)の早い奴で、次の1枚を撮ろうとした時にはすでに茂みの中でした。

登山日:平成21年4月19日

2009/04/14

菅塩地区の石切場跡

090413c
090413d
090413b
090413a
 桜で有名な菅塩沼ですが、今回は既に花筏になっていました。それで、沼の畔にあった案内板に書かれていた石切場2ヶ所を訪れてみる事にしました。
 石切場は、菅塩沼の脇の登山口から、山を越えて北金井地区へ至る遊歩道の途中にあります。しかしこの遊歩道、全体がコンクリートと階段で出来ています。これ、結構歩き難いんです。路面に砂とかがあると滑るし。
 さて石切場ですが、石切場1の方は長い階段を登り、最後の胸突八丁的な階段を登り終えると正面に最初の写真の石切場があります。10m手前を右に少し入っても小規模な石切場があります。
 石切場2は、遊歩道の脇に小規模な石切場もありますが、その手前を回り込むように入ると2番目の写真の石切場があります。石切場1,石切場2共に藪塚の石切場から見ると、たいへん小規模です。
訪問日:平成21年4月13日

花筏

090413 池の水面を敷詰める桜の花びら。こういうのを花筏(はないかだ)というのだそうです。
 ハナイカダとは、葉の真ん中にチョコンと花の咲く植物しか知りませんでした。
 場所は、太田市菅塩町の塩菅沼です。

撮影日:平成21年4月13日

2009/04/13

ヤマアカガエル孵化

090412a 1月の下旬に産卵されたヤマアカガエルの卵が孵化していました。産卵からしばらくの間、卵に泥がかかって何処にあるのか分らなかったのですが、オタマジャクシになってくれて安心しました。水面に浮いている桜の花弁と比較すると大きさが分ると思います。

撮影日:平成21年4月12日

2009/04/05

早川

090405 みどり市の早川貯水池を流れ出た早川は、桐生市→みどり市→伊勢崎市→太田市を経て利根川に合流します。最後の合流地点は深谷市の様ですが。
 写真は、合流地点から2Km程上流の不動橋付近から川上を見たものです。この付近には一面菜の花が咲き誇り、特に南向きの堤防にはご覧のように咲いています。

撮影日:平成21年4月5日

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »