« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/28

090628■コウゾ(楮)クワ科
 時々散策に行く八王子丘陵の公園で撮影しました。
 100m位の間に5本も生えていました。でも、実が熟さなければ気付かないと思います。
 実の汁を口にしてみたら、とても甘かったです。樹皮は和紙の原料として有名です。

撮影日:平成21年6月28日

カブトエビ

090628a090628b
 4年連続で近くの田んぼに発生しました。目がとても可愛いんです。
 今年はなぜか田んぼの水口に沢山集まっていました。右の写真の下側が水口で、水流に向かって必死に泳いでいます。

撮影日:平成21年6月28日

2009/06/26

赤花夕化粧

090622b■アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)アカバナ科
 最近はいたる所で見るようになりましたが、元は南アメリカ原産で観賞用として明治時代に持ち込まれたそうです。
 通勤途中の路肩にも咲いています。

撮影日:平成21年6月22日

2009/06/22

半夏生

090622
 ハンゲショウは半夏生と書き、別名をカタシログサとも言います。暦の上では夏至から11日目を半夏生といい、この半夏生のころに花が開き、葉が白くなることから半夏生と呼ばれています。
[案内板より]
■ハンゲショウ(半夏生)ドクダミ科

 ハンゲショウです。今回初めて見ました。撮影地は、迫間(はさま)自然観察公園という、あしかがフラワーパークの隣の公園です。
 この公園の殆どは迫間湿地と呼ばれる湿原で、木道や観察台のなどが整備されています。この湿原にハンゲショウがあるのは以前から聞いていましたが、駐車場の直ぐ隣で、あっさり見つけたのには驚きました。
 名前の由来は、案内板をメモってきたのでご覧ください。因みに、今日は夏至の翌日です。
撮影日:平成21年6月22日

2009/06/21

熊四手

090621■クマシデ(熊四手)カバノキ科
 クマシデの雌花です。(しで)(四手)の名は、紙を切って垂らした、お祓いに使う垂に似ている事からついたそうです。触感はしんなりしているのかと思ったら、造花の様なパリパリ感がありました。
 カタクリの里として有名な、みどり市の稲荷山に咲いていました。

撮影日:平成21年6月21日

2009/06/14

じゃが芋

090614■ジャガイモ(ナス科) 別名:馬鈴薯
 我家の畑に咲いたジャガイモの花です。近くで見ると案外綺麗です。
 昨日は新ジャガをいただきました。

撮影日:平成21年6月14日

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »