« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/25

悪茄子

090719a
090719b
■ワルナスビ(悪茄子)ナス科
 ナスに良く似た花ですが、実は下の写真のような物で、食えません。
 北米原産の帰化植物で、名付け親は植物学の世界では超有名な「日本の植物学の父」牧野富太郎先生だそうです。言い得て妙!!
 赤城南麓の「空っ風街道」別名「第二南面道路」の脇に咲いていました。
撮影日:平成21年7月19日

2009/07/21

禊萩

090721■ミソハギ(禊萩)ミソハギ科
 名前の由来は、禊萩(みそぎはぎ)とも、溝萩(みぞはぎ)とも言われているそうですが、私は最初後者と教わりました。
 撮影したのは「上州太田ビオトープの里」という所で、時々マムシが出るたいへん危険な公園です。(ーー;

撮影日:平成21年7月21日

2009/07/20

Virtual PC

Virtualpc 画像は、Virtual PC 2007 sp1というMicrosoftのフリー(無料)ソフトを使って、Windows XP上でWindows 2000のバーチャルマシンを使用しているところです。
 経験では、Windows XPやWindows 2000のインストールが簡単なので、先ずWindows 2000をインストールしてみたのですが、本当はWindowa XPではドライバが提供されなかったNIKONのCOOLSCANⅡ(フィルムスキャナ)をWindows 98SEで使いたかったのです。
 しかし、本日の朝からWindows 98SEのインストールにチャレンジしているのですが、未だ成功に至っておりません。その前に、Windows 2000でUSBが使えていない! SCSIボードを入れなきゃいけないのか(T_T) 暫らくPCとの格闘が続きそうです。

2009/07/14

米躑躅

090713a■コメツツジ(米躑躅)ツツジ科
 赤城山の山頂付近で日当りの良い所にはたいがい在ります。写真は小沼湖畔で撮影しました。
 ちょうど今の時期は花盛りですが、赤城に咲く他のツツジは大人気なのに、このツツジを愛でる人はいません。花の径が7~8mmでは仕方ないのでしょう。

撮影日:平成21年7月13日

2009/07/07

郡界の滝

090706a
090706b
 この滝は国道122号からわずか30m位しか離れていないのに、殆んど知られていない滝です。落差8mくらいはあります。場所は大間々警察署から122号を足尾方面に向かって500m程行った左側の水路の奥です。
 写真を良く見ると判るのですが、この滝は太い水路から流れ落ちています。色々調べた結果、昭和33年着工された「大間々用水土地改良事業」による水路で、深沢川(梨木温泉の前を流れる川)の取水口から地下水路を通りこの場所で一旦地上に出て、30m先でまた地下水路に入り、大間々・笠懸・新里地区の農地を潤しているようです。
 赤城南麓は昔から水欠乏地帯で、古くは女堀・岡登用水などによる農地への水の補給が行われ(試みられ)ていました。この用水も、更なる水の補給が目的です。

【なぜ「郡界」?】
 滝のある所は、「大間々」と「神梅」の間になりますが、両方とも旧大間々町です。では、なぜ?
 市町村変遷パラパラ地図 を参考にさせて頂くと、神梅地区は昭和33年2月まで旧黒保根村だった事が分かりました。それで、大間々町=山田郡、黒保根村=勢多郡ということで「郡界」になるわけです。あースッキリした。
 大間々用水土地改良事業区さんのページがありましたのでご紹介します。
訪問日:平成21年7月6日

2009/07/05

なんだこれ?

090705a 突然芝生の中に7~8本生え、今朝は3本に花が咲きました。数からすると昨年も生えたのかも知れませんが、昨年は気付きませんでした。今は葉はありません。いつ葉が出るのだろう?
 うちの花壇には、こんな花は植えてないし、どこから来たんだろう???

撮影日:平成21年7月5日
【名前判明】
 ゆうなさんから教えていただきました。
 Habranthus tubispathus という、ヒガンバナ科の植物のようです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »