« なんだこれ? | トップページ | 米躑躅 »

2009/07/07

郡界の滝

090706a
090706b
 この滝は国道122号からわずか30m位しか離れていないのに、殆んど知られていない滝です。落差8mくらいはあります。場所は大間々警察署から122号を足尾方面に向かって500m程行った左側の水路の奥です。
 写真を良く見ると判るのですが、この滝は太い水路から流れ落ちています。色々調べた結果、昭和33年着工された「大間々用水土地改良事業」による水路で、深沢川(梨木温泉の前を流れる川)の取水口から地下水路を通りこの場所で一旦地上に出て、30m先でまた地下水路に入り、大間々・笠懸・新里地区の農地を潤しているようです。
 赤城南麓は昔から水欠乏地帯で、古くは女堀・岡登用水などによる農地への水の補給が行われ(試みられ)ていました。この用水も、更なる水の補給が目的です。

【なぜ「郡界」?】
 滝のある所は、「大間々」と「神梅」の間になりますが、両方とも旧大間々町です。では、なぜ?
 市町村変遷パラパラ地図 を参考にさせて頂くと、神梅地区は昭和33年2月まで旧黒保根村だった事が分かりました。それで、大間々町=山田郡、黒保根村=勢多郡ということで「郡界」になるわけです。あースッキリした。
 大間々用水土地改良事業区さんのページがありましたのでご紹介します。
訪問日:平成21年7月6日

« なんだこれ? | トップページ | 米躑躅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡界の滝:

« なんだこれ? | トップページ | 米躑躅 »