« 鶉古城(邑楽郡邑楽町) | トップページ | 冠雪の赤城山 »

2009/10/19

大胡城(前橋市河原浜町)

 大胡城跡がある河原浜町は旧勢多郡大胡町(せたぐん おおごまち)の中心街の北に位置します。東を流れる荒砥川沿いの県道を通ると、大胡城の主郭部分が巨大に見えるので、直ぐにその所在はわかります。
 かつては、南北670m、東西310mに及ぶ規模だったとの事ですが、現在は本丸・二の丸部分を残すだけとなっています。しかし、それだけを見ても充分満足できます。
091019a L字型に本丸を囲む二の丸東側から本丸を見たところです。間には深い堀があります。
091019b 本丸です。白いフェンスの向こう側は、切り立った崖になっています。
091019c 二の丸南端から三の丸跡を見下ろした写真です。見える建物は、市役所の大胡支所のようです。

訪問日:平成21年10月19日

大胡城跡
 城跡は、南北に走る丘陵上にある平山城で、本丸を中心に二の丸を囲部的に配し、北に北城(越中屋敷)、近戸曲輪、南に三、四の曲輪があり、東は荒砥川が流れ、その間に根古屋、西には西曲輪の平坦部が附加され、南北670m、東西最大幅310mの規模を持つ。枡形門、水の手門虎口、空濠、土塁等の跡が良く残っている。中世上野の名族である「大胡氏」が拠ったと言われている。
 天正18年(1590年)徳川家康の関東入部により牧野氏が大胡領2万石に封ぜられ、康成、忠成二代の居城となった。
 牧野氏は元和2年(1616年)に越後長嶺へ、そして長岡へと転封された。以後、大胡城は前橋藩領となり。酒井氏時代には城代が置かれたが、寛永2年(1749年)酒井氏が姫路へ転封に際し、廃城となった。
[城跡内の案内板より]

« 鶉古城(邑楽郡邑楽町) | トップページ | 冠雪の赤城山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大胡城(前橋市河原浜町):

« 鶉古城(邑楽郡邑楽町) | トップページ | 冠雪の赤城山 »