« Windows 起動音 | トップページ | Welcome 98 »

2013/03/24

Virtual PC 2007 を圧縮する

 表題をもっと正確に言うと『Virtual PC 2007 のゲストOSのHDDを圧縮する』です。
 Virtual PC 2007 も、実際のPCと同様に、使い込んで行くとHDDが細切れ状態になります。その場合PCでは、デフラグを実行すれば断片化された部分は整然と並び変えられますが、Virtual PC 2007 ではデフラグの実施によりHDDは更に肥大化します。
 そこで、Virtual PC 2007 のHDDを実際に小さくする方法が分かりましたのでご紹介します。Winmedef

 1).Virtual PC 2007 でゲストOSを起動し、デフラグを実行する。(画面はVPC上のWinMeでデフラグを実行している。)
Winmecomp1 2).メニューバーの[CD]-[ISO イメージのキャプチャ]を選択し、 “C:\Program Files\Microsoft Virtual PC\Virtual Machine Additions\Virtual Disk Precompactor.iso”をマウントする。
Winmecomp2 3).“Would yu like to prepare the virtual hard disk(s) for compaction?”と表示されたら「はい(Y)」をクリックする。
 ▶ 『Microsoft Virtual Disk C for Pre-Compactor』が開始される。
 4).“Pre-Compaction Completed”が表示されたら「OK」をクリックし、ゲストOSを終了する。
Winmecomp3 5).Virtual PC コンソール で、[ファイル]-[バーチャル ディスク ウィザード]を起動し、「ディスクのオプション」の「既存のバーチャル ディスクの編集」を選択して「次へ」。
 6).「編集するバーチャル ディスク」の「名前と場所」に圧縮したいHDDを指定して「次へ」。
 7).「バーチャル ディスク情報およびオプション」で「圧縮する」を選択し「次へ」。
Winmecomp4 8).「バーチャル ハード ディスクの圧縮」で「保存するファイル名」に圧縮された後のファイル名(任意)を指定して「次へ」。
 ▶「完了」をクリックすると、圧縮処理が開始される。
Winmecomp5 9).「バーチャル ディスク ウィザード」に「バーチャル ハード ディスク の圧縮に成功しました。」と表示されたら圧縮完了。

 下表が実際に圧縮した際の値です。圧縮前の大きさは使い方によって大きく変わりますが、ご参考にして頂ければ幸いです。

Virtual PC 2007 圧縮結果
 圧縮前デフラグ後圧縮後
Win98SE346358331
WinMe862954737
Win2k1,8491,8491,304
WinXP6,6927,3055,408
単位:Mb

« Windows 起動音 | トップページ | Welcome 98 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Virtual PC 2007 を圧縮する:

« Windows 起動音 | トップページ | Welcome 98 »