« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013/09/25

ゆうすげの道'13 秋分の日

130923p 秋分の日のゆうすげの道です。

130923m■マツムシソウ(松虫草)マツムシソウ科

130923n■アキノキリンソウ(秋の麒麟草)キク科

130923o■ツリガネニンジン(釣鐘人参)キキョウ科

撮影日:平成25年9月23日

2013/09/24

ゆうすげの道で猪に遭遇

130923a■イノシシ(猪)鯨偶蹄目イノシシ科
 お馴染みの榛名山ゆうすげの道でイノシシに出遭ってしまいました。
 いつもの様に、ゆうすげの道を時計回りに散策し、コースを3/4程歩いた所で子どものイノシシ一頭がお食事中。いや~驚いた!! とりあえず写真を数枚撮って少し離れた所から様子を見ました。
 上の写真は、約7m離れた所から精一杯のズームで撮影したものです。
 近くに親イノシシが居ないか警戒していたのですが、親が現れる事無く子イノシシは森に入って行ったので、恐る恐るその場を通過して来ました。
これまで山でサル・シカ・カモシカに遭った事はありましたが、イノシシは初めてでした。
しかし、こんな山の上にまでイノシシが出没するんですね。 イノイシは、里山に生息しているものと思っていました。130923b 立ち去るイノシシ。 クレジットのエンドロールが似合いそう。

撮影日:平成25年9月23日

2013/09/23

榛名山の小湿原

 榛名湖近くの小さな湿原に咲いてた花々です。130923c■ウメバチソウ(梅鉢草)ユキノシタ科
 ここの湿原では、この花は年々株を増やしているように感じます。

130923d■ヤマラッキョウ(山辣韭)ユリ科

130923e■ワレモコウ(吾亦紅)バラ科
 被写体が小さくて風に揺れるので、とっても撮りずらい植物です。

130923f■サラシナショウマ(晒菜升麻)キンポウゲ科
 ずぅっと“更科”と思っていましたが、水に晒して食べたのが名前の由来だそうです。 でも、キンポウゲ科の植物を食べるのは危険だと思います。

130923g■ウメバチソウ(梅鉢草)ユキノシタ科  再登場。 おまけです。

撮影日:平成25年9月23日

2013/09/21

日本野鳥の会会員証 1995

Wbsj1995
オシドリ 撮影者:渡辺美郎

2013/09/17

珠簾

130917■タマスダレ(珠簾、玉簾)ヒガンバナ科
 とっても綺麗な花なんですけど、あまり人気がないらしいです。
ウチでも、竹林の中で放ったらかしで咲いています。

撮影日:平成25年9月17日

2013/09/15

鉄線

130914b■テッセン(鉄線)キンポウゲ科
 先の記事のセンニンソウと同じ仲間です。 センニンソウもこれと似た実になります。

撮影日:平成25年9月14日

2013/09/14

臭木

130914a■クサギ(臭木)クマツヅラ科
 臭気が漂っているという訳ではないんですけど、触ったりすると手に嫌な臭いが残ります。
お隣の垣根に生えています。

撮影日:平成25年9月14日

2013/09/08

青紫蘇

130908■アオジソ(青紫蘇)シソ科
 オオバです。 ウチでは雑草扱いです。 抜いてもまた来年どこかに生えてきます。
でも、夕飯どきには便利です。

撮影日:平成25年9月8日

2013/09/07

秋海棠

130907■シュウカイドウ(秋海棠)シュウカイドウ科
 ずうぅぅっと前から庭にあったのですが、やっと名前が分かりました。

撮影日:平成25年9月7日

2013/09/02

油蝉

130901a■アブラゼミ(油蝉)カメムシ目セミ科

撮影日:平成25年9月1日(iPhone4s)

2013/09/01

日本野鳥の会会員証 1994

Wbsj1994v
シマアオジ 撮影者:久保敬親

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »